需要が高まっている|nlpのコーチングを受けるならここ|個人個人に合った学びを
ノートとペン

nlpのコーチングを受けるならここ|個人個人に合った学びを

需要が高まっている

カウンセリング

スペシャリストを目指す

言語聴覚士とは子供や障害者の言語機能の問題を改善し、発達させるために患者のために回復プログラムを作ったり、検査し訓練する専門国家資格です。言語や音声などの機能障害で悩んでいる患者も様々で、小児の発達障害や歯科手術での構音障害や脳卒中の後遺症による障害などかなり範囲が広いのです。しかしそれほど需要がありながら言語聴覚士の人数は足りておらず、リハビリを受けたくても満足いくリハビリを受けることができない患者は多いのです。そのため言語聴覚士の養成は社会的な要求に基づくものであり、活躍の場は病院や児童福祉施設など以外でも拡がっています。言語や音声の専門家である言語聴覚士になるには、養成学校で専門教育を受けて国家資格を取得する必要があります。

当事者と対話

言語聴覚士の養成学校では医学全般の知識を身につけるだけでなく、言語や聴覚、音声と言った専門科目および人とのコミュニケーション能力を磨く心理学などの勉強をします。また医療と福祉が一体になって仕事をしていく重要さを学び、実習を通じて現場で活躍できる能力を養成していきます。さらに言語聴覚士の養成学校ではグループによる学習でみんなで意見を出し合い、患者の訓練や目的について評価したり話あったりして向上していきます。そして言語聴覚士の養成学校の特徴として、実際に失語症で悩んでいる患者やその身内の人と対面して話をすることができることです。単なる理論だけでなく現実の患者の悩みや問題を知ることで、より深いアプローチができる言語聴覚士になることができます。