早い段階で学べる|nlpのコーチングを受けるならここ|個人個人に合った学びを
ノートとペン

nlpのコーチングを受けるならここ|個人個人に合った学びを

早い段階で学べる

お菓子

パティシエになりたい方へ

パティシエになるためには、高校卒業後、専門学校に入学しなければならないと思っている方は少なくありません。しかし、現実には高卒や中卒からこの業界に飛び込む方も少なくありませんし、現在では製菓コースを設置する高校も見られます。中学生までの段階で、パティシエになりたいという方は、製菓コースが置かれている高校を目指し、少しでも早く業界に入る道も検討すべきと言えるでしょう。なお、製菓を学べる高校は、製菓コースを専門コースとして設ける学校だけでなく、総合学科の1コースとして設置されているケースもあります。また、高等専修学校の中にも製菓コースを設ける学校は少なくありません。高等専修学校は、より実践的な学習や実技を重視したスタイルの学校ですから、学びも本格的な特徴があります。

基礎力があるから優位

高校の製菓コースは、数がそれほど多くはありませんから、中には人気があり入試倍率がかなり高い学校も見られます。このような学校では、パティシエになりたいという意識が大変強い生徒が集まり、求人件数も比較的安定しているため、人気を集めます。したがって、入学に向けて受験対策をしっかり行い、日頃から努力をして内申点を確保しておく必要性が高い場合もあります。なお、製菓とは全く関係のない高校を卒業して、そのままパティシエを目指すことも可能で、このような進路を選ぶ方も少なくありません。しかし、洋菓子店やレストランなどに入った場合、日々の業務が忙しく、なかなかお菓子作りができないこともあります。一方、高校で製菓の基本をしっかりと学んでいれば、就職後に即戦力として働けるとともに、仕事後に行う製菓の勉強もスムーズに行えます。